こちらを見ている男性

離婚問題と慰謝料

離婚問題の中には、慰謝料を請求しなくてはいけない問題もあります。慰謝料とは養育費や財産分与などのことを言います。その慰謝料を請求された側は必ず支払う必要があります。

» もっと読む

離婚問題を考える

離婚問題の解決への道は

離婚に関しての問題は近年増えてきています。理由は今も昔も性格の不一致が最も多いですが、最近ではドメスティックバイオレンスの中でも精神的な虐待による原因が増加傾向にあります。法律で協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、和解離婚の5つに分類されています。双方が同意していれば協議離婚・調停離婚が可能であり、それらが全体の9割を占めています。しかしながら裁判に持ち込まれるケースは増えてきています。理由と致しましては、一般的に司法制度を活用することが広まってきたり、問題が複雑化してきていることによります。慰謝料・財産分与・年金分割などのお金に関することが最も多く、他にも子どもの親権や養育費の問題など様々です。

いざ弁護士に依頼するとなると

離婚問題で弁護士に相談する場合は、やはり離婚問題に強い弁護士に相談したいです。また女性ですと女性の弁護士の方が相談しやすいです。問題が生じたら、なるべく早くに弁護士に相談しに行くことが良いと思います。相談だけでしたら無料もしくは低額で済みます。もし協議で双方が納得せずに成立に至らなければ調停に進みますが、調停の段階でも弁護士費用はそれほど高額ではありません。また最近では調停の段階で弁護士が同席するケースも増えています。しかし裁判まで進むと費用も少し高額になってしまいます。相場としましては着手金と報酬金を合わせて60万円から80万円といったところです。さらに慰謝料請求や親権獲得などの成功報酬として別途加算される場合もあります。

いつでも相談可能

人間関係の間で法律に関わる問題が出てきた場合は、弁護士に相談しましょう。また、法理の専門家にも相談することは出来ますが、相談する前に信頼できる専門家を探しましょう。

» もっと読む

専門家に相談

遺産相続は本来なら円滑に行われなくてはいけません。しかし、家族の間では、遺産相続争いが行われていることが多いです。そのトラブルを防ぐためには、遺言書を作成しておく必要があります。

» もっと読む

弁護士と検事

普段の生活を過ごしていると弁護士と相談する機会は全くありませんが、法的問題が出てきてしまった場合は、弁護士に相談しなくてはなりません。相談する際は、法律に関する知識を持っておきましょう。

» もっと読む

味方になってくれる

弁護士は人間関係の問題で苦しめられている方の味方になってくれます。ですから、自分で抱えている悩みがあれば相談しましょう。特にいじめに関しては、ひどくならない内に話しましょう。

» もっと読む

オススメリンク