本と天秤とハンマー

専門家に相談

遺産相続を円滑にするための取り組みについて

遺産相続は、ある日突然に起こってしまう場合があるため、生前から相続対策をする人が増えています。事前に相続対策を施しておくことにより、家族間の骨肉の争いを回避したり、相続税の節税に貢献します。 相続対策の中では、遺言書の作成をするケースが増えています。生前に遺言書を作成しておくことにより、遺産分割を円滑にすることができます。遺言書の作成は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談するケースが多いです。 同族会社の経営者は、会社を存続させるために、事業承継の手続きを行うケースが増えています。生前に事業承継の手続きをしておくことにより、遺産分割のトラブルを回避し、相続税の納税問題を解決することができます。

法律や税金の専門家について

遺産相続の際には、法律の問題と税金の問題が発生します。これらの問題を解決する専門家には、弁護士や司法書士、税理士などが存在します。弁護士と司法書士は法律の専門家であり、税理士は税金の専門家です。 相続対策には、遺言書の作成や、生前贈与などがあります。これらの手続きについては、弁護士や司法書士に相談すると、手続きを代行してもらうことができます。遺言書を作成する際には、法的拘束力のある、公正証書遺言を作成することができます。 相続税の対策については、税理士に相談すると、節税のアドバイスが受けられます。3600万円以上の資産がある人は、税理士に相談することが望ましいです。税理士に相談すると、税金を安くするための手続きをしてもらえます。